Service

まずは資料請求

「FUTURE EVENT Basics」

3DCG・XR技術による新たなイベント体験を

「FUTURE EVENT Basics」は、3DCG・XR技術を用いたバーチャル会場でのイベント開催を起点とした新しいマーケティングソリューションです。

リッチな会場を用いたイベントは企画および予算面でハードルが高いとイメージされていましたが、バーチャル会場を高クオリティ・短期間で提供できるソリューション構築により、最短1か月という準備期間でバーチャルイベントの実現、企業の課題解決へ貢献します。

  • 特徴

  • 活用イベント例

  • 無料相談会

自由度の高い会場デザイン

物理イベントでは難しい演出や表現も可能に

3DCGを駆使したバーチャル会場は、目的に合わせて自由自在に制作できます。
基本デザインプランでは、ベースとなるバーチャル会場のデザインを複数用意しています。バーチャルステージを選び、色・素材の選択に加えロゴやアイテムの追加、照明カラーや紙吹雪などのカラー変更などのアレンジが可能です。

インタラクティブな演出

オンラインならではのイベントの盛り上げも

ユーザーのコメント投稿や、投稿に応じたAR演出、オリジナルキャラクターの画面表示、アンケートや投票結果表示などバーチャル会場を盛り上げるための演出が可能です。それにより、主催者とユーザーが双方向にコミュニケーションを楽しむことができるため、オンラインイベントならではの一体感を生み出します。

多角的なコンテンツ活用

イベント当日以外もステージを2次活用

オリジナルで作成したバーチャル会場デザインを活かし、PR素材などの2次コンテンツを制作することもできます。
従来はイベント開催・PR素材撮影など企画毎に発生していた費用を抑えるとともに、新しいマーケティングへ挑戦が可能です。

・新商品発表イベント開催後、プレスリリース素材の撮影
・PRイベント開催前、会場を使用したティザー動画の制作
・社内イベント開催後、社員向けのアーカイブコンテンツの制作

豊富な演出アイテム

バーチャルステージ上の照明カラー、紙吹雪、オリジナルバルーン、登場エフェクト、テロップ、巨大サイネージなど、使用したい演出の選択とカラー変更などのアレンジが可能です。

活用イベント例

・新商品発表イベント
・PRイベント
・経営方針発表イベント
・カンファレンス
・社内イベント
・音楽イベント
・ファッションショー
など、その他イベントもご相談ください。

資料ダウンロードはこちら

当社が提供する「FUTURE EVENT Basics」を通して
「新しい体験コミュニケーションの提供」に挑戦したい企業やブランドを後押しいたします。
また、共に企業へ提供していく共創パートナーも募集しています。

まずはお気軽にご相談ください

オンライン無料相談会